ワンちゃんの健康を考えると無添加ドッグフードがおすすめ

柴犬

犬と一緒に暮らしている世帯は多いです。

また、今までは庭に犬小屋を作ってそこに繋がれていましたが、最近では家族と同じように扱われていて、室内で飼われている犬も増えてきました。

このような背景から愛犬の食事にも気を配る方々が増えています。

その結果、ドッグフード商品も愛犬家のニーズの変化に応じて、さまざまな種類がラインナップされています。

従来のドッグフードはコストパフォーマンスが優先されて、安価で含有量が多い商品が人気でした。

 

安価なドッグフードは添加物が多い

しかしこれらのドッグフードには添加物がたくさん含まれています。

コストを抑えるために粗悪な原材料が使用されていて、犬の食い付きが悪くなります。

犬の食い付きが悪いと商品が売れないので、食欲を促すためにオイルコーティングされています。

 

酸化防止剤の危険性

オイル自体も粗悪なものが多く、ドッグフードの酸化を促すため、その酸化による劣化を抑えるために酸化防止剤が使用されています。

酸化防止剤は文字通り酸化やカビの発生を防ぐ効果があり、ドッグフードに加えることで賞味期限を長くすることができます。

但し非常に強力な作用があり、犬の健康に悪影響を及ぼす恐れもあります。

また、ドッグフードは『雑貨』に分類されていて、人間向けの食品と比較して規制が甘いので、より多くの添加物の使用が許可されています。

危険な酸化防止剤としては、エトキシキンやBHA、BHAなどが挙げられます。

 

着色料の危険性

酸化防止剤だけなく、着色料も危険です。

原材料の項目に、赤色○号や黄色△号、青色×号などと記載されている成分です。

これらの成分には発がん性があることが分かっています。

犬の視覚は人間と比較してそこまで発達していないので、ドッグフードの色を良くしても食いつきはあまり変わりません。

では、なぜドッグフードに着色料が使用されているのかというと、それは消費者の購買意欲を高めるためです。

当然のことですが、ドッグフードを購入するのは私たち人間です。

人間の好みにマッチしたドッグフードに着色することで販売数量を増やそうとするメーカー側の戦略なのです。

他にも亜硝酸ナトリウムやプロピレングリコールといった危険性がある添加物はたくさんありますが、ここでは割愛します。

もちろん添加物が含まれているドッグフードを1袋食べたくらいでは、犬の健康を害することはありません。

そのようなことが頻繁に起これば大問題になっています。

しかし、これらの添加物が含まれているドッグフードを何年にもわたって食べ続けることはおすすめしません。

体内に添加物が蓄積していき、何らかの病気を引き起こすことが考えられます。

 

無添加ドッグフードを与えよう

そこであなたにおすすめしたいのが、無添加ドッグフードです。

上記で紹介しているような添加物が使用されていないため、安心して愛犬に与えることができます。

但し、全ての添加物が使用されていないわけではありません。

厳密に言えば、天然由来成分で作られた酸化防止剤が使用されています。

酸化防止剤は品質を維持するために使用されます。

もし酸化防止剤を使用しなければ、ドッグフードの品質劣化が早く進み、全てを食べ切る前に腐ってしまいます…(汗)

合成酸化防止剤は身体に悪影響を及ぼしますが、天然由来の酸化防止剤は作用が穏やかで身体に悪影響を及ぼす心配がありません。

また賞味期限もある程度長くなります。

天然由来成分の酸化防止剤としてはビタミンEが挙げられます。

抗酸化作用に優れていて、油脂を含む加工食品の酸化による異臭の発生や変色、品質の劣化を防ぎます。

ビタミンEは小麦胚芽・大豆・綿実・菜種・トウモロコシ・ごま等の種子にたくさん含まれている成分なので、身体に悪影響はありません。

 

あなたにぴったりのドッグフードを選ぼう

無添加ドッグフードのニーズが増加することによって、さまざまな商品が登場しています。

さらに添加物だけでなく原材料にもこだわって製造されている商品もあります。

いわゆる『プレミアムドッグフード』という商品ですね。

私たち人間でも問題なく食べられるほどの品質を有したドッグフードのことです。

イギリスやドイツなどのペット先進国から誕生したドッグフードで、日本国内にも輸入されてきたことから注目され始めました。

 

国内産の無添加ドッグフードも選べます

最近では国内産のプレミアムドッグフードも登場しています。

無添加のプレミアムドッグフードは非常に優れていますが、価格が高額に設定されているというデメリットもあります。

ドッグフードは毎日食べさせるものなので、継続して購入しなければいけません。

高額なドッグフードを買い続けることで、金銭的な負担が大きくなります。

基本的にドッグフードの品質と価格は比例します。

良い品質のドッグフードになればなるほど価格も上昇します。

中には人間が食べる食品よりも高額なドッグフードもあるので、購入する際はあなた自身で購入する水準を決めておくことをおすすめします。

当サイトではおすすめできる無添加のプレミアムドッグフードをいくつか紹介しているので、興味があるならぜひ参考にしてください。